亀岡商工会議所青年部
令和4年度 会長 齋田 隆朗

 2020年3月に世界中がパンデミックと宣言されてから、私たちは「今まであたり前だったこと全て」を遠い過去のように感じ、 今まで経験したことのない困難と戦うことを強いられました。 しかし、歴史を紐解くと、我々人類は常にパンデミックと共にあり、先人たちは原因も治療も十分に確立されないまま戦い共存してきました。 私たちは教科書でしか学ぶことのなかった世界の危機を過去のものだと遠ざけ、文明の進化や医療の発達が解決してくれると安堵しておりました。 しかし、実際には目に見えない小さな物質に淘汰されてしまい世の中の価値観が一瞬に変容しました。

 私たちYEGは何の為に活動しているのだろうか。 自企業の発展、人としての成長、人脈つくり、さまざまな目的に向かって事業を組み立てていき、その取り組みを通じてメンバー同士の信頼を築き、 共に切磋琢磨しています。 私たちの根幹には研鑽と交流があり、コロナ禍で今までの交流はできなかったけれど、新しいかたちでの交流を生み出すこともできました。 今まで気付かなかった手法での研修事業を開催し研鑽することもできました。 これは会員一人一人の知恵や知識が結集し一つの事業となった証であります。 その連帯の証こそがYEGの存在意義であり、かけがえのない仲間を見つける場所でもあります。

 令和4年度は、私たちの新しい当たり前をつくり、 今まで以上に目まぐるしく変化していく時代にどう対応していくかを常に挑戦し続ける意識や知識を身につける年にしたいと思っています。 コロナ禍においてデジタルの重要性と、人との触れ合いの有り難さを感じました。

 近年ICTの発達やデジタル化の加速が進んできました。 その変化はこのコロナ禍でよりスピードを増してきます。 研修においてはデジタル化の重要性を学ぶ事で、さまざまな新しい情報や手法を取り入れ多様性や多角化を図ることができます。 交流においては地域を支える青年経済人たちが交流を通じて親交を深める事で地域のネットワークを構築しつつ共に意識を高め合い 自企業の更なる発展に繋げる事ができます。 また、地域力活性化特別事業では地域の事業所を紹介するとともに、子どもたちに楽しさを見出し、 未来に希望を持ってもらえるような体験型事業を開催いたします。

 そして、今年度は京都府商工会議所青年部連合会 第26回会員大会亀岡大会を主管いたします。 この大会は府内8単会が年に一度、輪番単会の地に集結する京都府青連最大の事業です。 令和2年度3年度はコロナ禍に苦しめられ一堂に会することが叶わず式典のオンライン配信のみとなりました。 第26回会員大会は亀岡の魅力を最大限感じてもらえる大会を単会一丸となり企画し、府内8単会700余名が研鑽と交流の行える式典や分科会、 そして大懇親会を開催し府内の仲間を迎えたいと思います。 また、京都府青連は30周年でもあり、会員大会と周年記念事業を開催することで、 企画する我々も共に汗をかきYEGでしか築くことのできない絆をより一層強められることを期待しております。 新しい次代を築くために共に挑戦してまいりましょう!

 最後になりましたが、亀岡商工会議所をはじめとする関係各所の皆さまや今日の亀岡商工会議所青年部を築き上げてこられた諸先輩方には 今後も変わらぬ、益々のご指導ご鞭撻のほどをお願い申し上げます。 また、会員の皆さまには何卒ご理解とご協力をお願い申し上げ、令和4年度会長所信といたします。


委員会紹介

Committee introduction

Facebook | Instagram

Social Networking Service


Instagram


亀岡YEGメンバー募集

亀岡YEGのメンバーに加わりませんか?

亀岡YEGは年間を通じて様々な活動を行い、亀岡経済の発展に貢献しています。

入会のご案内はこちら